以前は脱毛施術の主流だったのが針脱毛(ニードル脱毛)です。
現在では一般的には医療機関で行うことができる脱毛方法で、絶縁針を使用して行う場合が多いです。
絶縁針を脱毛したい箇所の毛根に挿入して電気を流すことで確実に毛根組織を破壊することができますので永久脱毛効果があるといえる脱毛方法となります。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では施術することができない日焼けをしていたり色素沈着をしているお肌の方にも施術可能です。
また、白い毛や産毛のようにレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では反応しにくい毛質であっても確実に処理することができるというメリットがあります。
ただし毛穴の一つ一つに処理をしなければいけないので、満足のいく結果が得られるまでには時間がかかってしまいます。

確実な脱毛効果を得ることができる針脱毛ですが、色々な脱毛方法の中で最も痛みを感じてしまいます。
まず針を毛穴に挿入する時の痛みと、電気を流して毛根組織を破壊する時の痛みが感じられます。
痛みに強い方であれば我慢できるかもしれませんが、痛みに弱い方であれば最後まで処理をすることができない場合も考えられます。
以前は実際にあまりの痛さに我慢しきれずに、途中で施術を投げ出してしまう方が多かったそうです。
最近は絶縁針が使用されることになったことで火傷のリスクも軽減されて、痛みも感じにくくなったとされていますが、どうしても痛みを感じてしまうものです。
デリケートゾーンの場合は皮膚が薄くてただでさえ痛みを感じやすい場所なのに、針脱毛の痛みを想像すると絶対に施術を受けることができない!という方が多いと思います。
施術前にはアイスノンなどでしっかりと冷やして感覚を麻痺させてから施術を行うことで痛みを感じにくくなります。
それでも不安を感じてしまう場合は医師に相談することで事前に麻酔クリームなどを使用して痛みを感じることがない処置をしてくれる場合もあります。
絶対に我慢をしないようにあらかじめ相談されることをおすすめします。