脱毛をする際にサロンやクリニックを選ぶメリットとして考えられるのは、お肌を痛める心配がとても少ないという点です。
自分でカミソリや毛抜き、電気シェーバー、脱毛ワックスなどを使用して処理を行っている方が多いですが、手軽に脱毛処置ができますが肌に大きなダメージを与えてしまう可能性が高い方法です。
毛と一緒に角質をも除去してしまっていることから肌に大きな負担を与えてしまいます。
肌が本来持っているバリア機能もかなり低下してしまうことから、外からの刺激に耐えることができなくなって肌荒れや炎症などを引き起こしてしまいます。
場合によっては肌が黒ずんでしまったり、色素が残って目立つことになってしまいます。
肌質の低下を招くリスクが非常に高いことから、仕上がりが一時的に良いと感じられても長期間続けることは決しておすすめできるものではありません。

これに対してサロンやクリニックで脱毛施術を行ってもらうと肌を痛める心配がないという理由は2つあります。
まずは脱毛方法が肌にダメージを与えるものではないということです。
一般的に脱毛サロンで採用されている脱毛方法は光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれているもので、クリニックの場合はレーザー脱毛が多いです。
これらの方法は黒いメラニン色素だけに反応する特殊な光を照射することで脱毛処理を行います。
毛の黒い部分だけに反応しますが、皮膚には直接ダメージを与えるものではないことからお肌を痛める心配が少ないとされています。
施術後はきちんと保湿ケアを行ったり、自宅での正しいケア方法について指導を行うなど適切なアフターケアを行うことで肌への負担が少ないと考えられます。

ただしサロンやクリニックでは肌トラブルが絶対に起こらないとは言い切れません。
技術が未熟な人が行うと光の出力が強すぎたために軽い火傷を負ったようになる場合もありますので、これまでにも施術経験が豊富な人に行ってもらうようにしましょう。
万が一に備えてサポート体制が万全に整っているところを選ぶことも大切です。

サロンとクリニック脱毛のリスク

サロンやクリニックで脱毛施術を受ける場合は安全性が高いですが、デメリットとして多少のリスクを伴うことも考えられます。
稀に起こる現象としてあげられるのが硬毛化現象です。
元々は産毛のようにとても細かった毛が、サロンやクリニックで脱毛施術を受けることによって全体的な毛量は減るものの一部で太い或いは長い毛が残ってしまうリスクが考えられます。

サロンやクリニックで行う脱毛施術はメラニン色素に反応する光を照射することによって毛根組織にダメージを与えることで徐々に毛が減っていくという方法になります。
そのためなぜ硬毛化してしまうのかははっきりとわからないのが現状です。
施術を行った方全てに硬毛化現象が現れるものはありません。
よく見られる部位は顔やうなじ、背中、肩などが多く、その他の部位でも元々毛が薄い方もなり得る可能性があります。
これらの部位のムダ毛はとても毛が細くて産毛の状態で、皮膚も薄くて非常にデリケートな部分でもあります。
できるだけ火傷などのリスクを負うことがないように出力を弱めて施術を行う場合が多いことが硬毛化を招きやすいのではないかという説もあります。
一定周期で低出力の光を繰り返し照射することで毛根組織にダメージを与えることができるものの、その他の細胞については逆に活性化させてしまうことで硬毛化しているのかもしれないと考えられます。
毛が細い部位については上手にムダ毛を抜け落ちるようにすることができるか、逆にムダ毛を目立たせる結果になってしまうのかは紙一重であることから非常に施術が難しい部位だと考えることができます。
出力が弱すぎると毛が太くなるリスクが高くなり、出力が高過ぎると火傷を負うリスクがあるため丁度良い出力に調整する高いテクニックが要求されます。
だからこそ施術を行う人の技術力が高くなければいけないのです。

どんなに高性能であるマシンを使用しても、人間がうまく使いこなすことができなければ全く意味がありません。
脱毛サロンやクリニックを選ぶ際には、施術者の技術力に着目することも大切です。